【3分足をもむだけで全身のむくみに効く】老廃物ドバドバ「デトックス足もみ」<おすすめアロマ付き>

梅雨のむくみの原因

むくみとは、本来なら血液やリンパの流れで吸収されるはずの水分が吸収されずに細胞間に溜まっている状態のことをいいます。ジメジメした気候で雨の降る日も多くなるので、何となく気分も体も重だるい感じになりますよね。

梅雨は、気圧が低く湿度が高い状態が続き、雨の日が多いために日照時間も少なくなり、日によっては寒暖差も大きくなる、1年で最も気象ストレスを受けやすい時期でもあります。

周りを海に囲まれ湿気が入りやすい日本では、この時期さらに湿度が高い環境になります。すると体も水分が蒸発しにくくなり、汗や尿での充分な排出ができずに余分な水分や老廃物が溜まりやすくなって、「むくみ」という症状が起こりやすくなるのです。

アロマの効果でむくみをデトックス

植物の香りの成分には体や心に与える様々な効果があると実証されています。マッサージオイルやボディクリームなどにアロマを混ぜて使用することで、アロマの成分が皮膚から血液中に流れ、血液循環をよくしたり、老廃物を流す効果を発揮してくれるますよ。

また香りには心身のリラックスやリフレッシュ効果があるので、日々のご褒美のような時間を味わうことができますよ。

むくみにオススメのアロマ

サイプレス

体内の水分バランスを調整する機能があり、老廃物の排出やむくみ、セルライトにも効果的です。また肌の引き締めや制汗作用日も優れています。

※妊娠中は避ける

グレープフルーツ

血液やリンパの流れを促し、余分な水分を排出する効果があるので、むくみやセルライトに効きます。グレープフルーツは脂肪燃焼効果があることで知られており、ダイエットにも効果的です。

※肌に使用した直後に日光を浴びると、シミの原因につながることがあるため、使用後5〜6時間は日光浴を避ける

ゼラニウム

体内の余分な水分や老廃物を排出する効果があるので、むくみの予防に役立ちます。またホルモンバランスを調整する働きもある為、整理中のむくみやPMSなどにもおすすめです。

アロママッサージオイルの作り方はこちらを参考に

 

むくみ解消!アロマを使った足もみ

足もみとは

足裏には全身とつながる反射区(ツボ)が集結しています。東洋医学ではこの反射区を刺激することで、関係する部位に伝達が届きその部位の血流が良くなることで機能が良くなると考えられています。

むくみや老廃物の排出には、『腎臓→尿管→膀胱→尿道』を揉み解すのがおすすめです!

ポイント

●まずは足裏の『腎臓→尿管→膀胱→尿道』を揉み解しましょう

●足元に溜まった老廃物を上に流すイメージでやってみましょう。

●骨と筋肉の際の部分は老廃物が溜まりやすいと言われているので、意識的にしっかり流してみてください。

●ふくらはぎもしっかり揉みほぐすように行いましょう。

〈やり方〉

①『腎臓→尿管→膀胱→尿道』反射区の位置を確認します

②クリームやオイルを足裏につけ、まず腎臓の反射区をもみほぐします

④尿管→膀胱の反射区を揉み解します

⑤膀胱→尿道の反射区を揉み解します

動画で確認してみる 

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

 

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。Lani yoga主宰

2024-07-07T13:21:39Z dg43tfdfdgfd