太見えの原因!ゴツゴツ上半身の原因は【肩太り】のせい!?上半身を薄く見せる「簡単肩回しヨガ」

肩太りになる原因

肩周りにお肉がついていると、体格が良く筋肉質な印象に見えます。肩周りについているのは筋肉と脂肪が入り混じった霜降り肉のようなもの。肩に溜まると、上半身に動きにくさを感じる原因となります。

上半身太りタイプは痩せにくい!?

一度増えるとなかなか減らない体重。実は下半身より、上半身太りで悩む女性の方が、体重は変わりづらいとも言われています。上半身太りタイプが痩せにくいのは、女性は加齢により女性ホルモンの働きが低下すると共に筋力が低下し、また心理的にも生活のストレスや更年期の悩みを感じやすくなるから。それらの積み重ねにより、肩周りに脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

脂肪には燃える脂肪がある

脂肪は2種類あるのをご存じでしょうか? 白色脂肪細胞は脂肪分を貯蔵しエネルギーを蓄えるのに対して、褐色脂肪細胞は、脂肪分を分解して燃焼させる作用があります。そんな褐色脂肪細胞は、成人でも主に肩甲骨の周囲に密集していると言われています。肩甲骨周りをしっかり動かして、肩周りや背中周りの筋肉を強化すると、すっきりとした見た目に繋がります。

肩太りを解消する「肩ぐるぐる回し」

1、脚を骨盤幅に広げてまっすぐ立ちます。

2、手のひらを肩に乗せて、ひじをできるだけ遠くに伸ばしながら回します。肩関節、肩甲骨を大きく動かすイメージで行いましょう。

3、両手を身体の後ろで組み、肩関節をクルっと後ろに回します。息を吸いながらこぶしを身体から離して、肩甲骨を寄せていきます。胸を斜め上に引き上げ、背中側を左右から縮めていきましょう。

4、両手を身体の前で組みます。息を吐きながら組んだ手を前に押し出し、背中を広げていきましょう。

5、両手を離して、背骨を積み重ねるように上半身を起こし、吐きながら耳と肩の距離を遠ざけます。

詳しい内容は、こちらの動画からご覧いただけます。

岩﨑奈緒子

11年間空間プロデュースを行う会社員として過ごし、自律神経失調症を経験。身体と心に目を向ける大切さや、日常の選択は自らと向き合うことで変わることをヨガから学ぶ。睡眠に特化した「ぐっすりヨガ」の開講をきっかけに睡眠の学びを始め、現在はカウンセラーとしても活動。『ヨガ×睡眠で、出会えた方やその回りの方々の日常を平穏に守り、より幸せにすること』を目標としている。RYT200/マタニティ・産後/チェアヨガ/スリープケアカウンセラー/更年期ナビゲーター。プライベートでは、2児+わんこのママ。

2024-07-09T12:14:22Z dg43tfdfdgfd