やりがちだけど実は逆効果!「やってはいけない」NGな食中毒対策とは|管理栄養士が解説

食中毒予防の基本とは?

家庭でできるもっとも基本となる予防は

菌を食べ物につけない 菌を増やさない 菌をつけない

この3つが非常に大切です。家庭で予防を実践していても意外な落とし穴もあります。

家庭で起こるNGな食中毒対策

生肉を洗う

スーパーで購入したお肉は消費期限内であっても、生肉の周りに細菌がついているかもしれないと洗い流す方もいますが要注意です。生肉の周辺はたしかに細菌が完全にゼロというわけではありません。生肉を洗うことで、洗った時に起こる水しぶきがシンクの周りや他の食材・調理器具などに付着してしまい、食中毒のリスクを高めてしまうケースもあります。

パッキングされているお肉などは衛生的な環境で作業されているため、家庭で洗う必要はありません。加熱をするため表面の菌は死滅します。ですが水分の付着など、どうしても気になってしまう・お肉をカットするのにぬるぬるして切りにくいという時もあります。

そのような時は、手袋をしてキッチンペーパーなどで軽く拭き取り、キッチンペーパーを他の調理器具や食品など触れないように速やかにゴミ箱へすてましょう。まずは菌をつけないという基本の部分ですので、生肉の取り扱いは注意しましょう。

食品をすべて冷蔵庫へ入れる

夏場気温が高いと食中毒を予防するため、冷蔵庫へ買ってきた商品を入れる頻度は増えると思います。ですが冷蔵庫の温度を衛生的にしっかり守れる温度に保つためには、冷蔵庫の容量の7〜8割程度にしないと冷たい冷気が食品へ当たらずに、食品の温度が高くなってしまい食中毒のリスクを高めます。基本の予防の中でも菌を増やさないという部分にあたります。

冷蔵庫の冷気を保つため、購入してきた食品をなんでも入れてしまうのではなく冷蔵庫の容量を上手に使う工夫が必要です。要冷蔵の食品・常温の食品など確認し常温保存できる内容のものは開封前であれば常温に保存しましょう。しっかり適切な保存の場所に保存をすることで冷蔵庫のスペースを適切な容量に保てます。

また、冷蔵庫の温度は−10℃以下が推奨されております。温度確認ができる冷蔵庫であれば食中毒が気になる季節はこまめにチェックするのもおすすめです。

管理栄養士のコメント

夏場は食中毒の予防意識が高まります。よかと思ってしていたことが食中毒のリスクにつながってしまうことがわかりましたね。今年の夏場は2つのポイントをしっかり意識して正しい食中毒予防を家庭で行いましょう。

〈参考文献〉

厚生労働省家庭での食中毒予防

厚生労働省家庭でできる食中毒予防6つのポイント

食肉衛生マニュアル

竹内寿美恵

保育園栄養士、スポーツ栄養士、国立病院にて臨床栄養を経験。さまざまな経験を積む中で、ストレスの軽減をし、心身共に幸せな生き方をしたいと心に決める。そのために『食×栄養×ヨガ』を組み合わせたホリスティックな知識をより深く学ぼうとインドネシア、バリ島にてベジタリアン、ヴィーガン、ローフード、ヨガ栄養学の留学をする。現在は栄養カウンセリング、ヨガインストラクターなどフリーランスの管理栄養士として活動。

2024-07-06T12:02:32Z dg43tfdfdgfd